トリキュラーを使ってみて異常が出なければ成功

低用量ピルは適切に服用していれば、ほぼ100%避妊をすることが出来ます。また、妊娠を希望して服用を止めれば、直ぐに妊娠の準備期に入ることが出来ます。加えて、28日月経サイクルを安定化させる作用もあるので、現代社会に生きる女性にとって、心身ともに有用な服用薬だと言えます。トリキュラーは、3相性ピルというタイプの低用量ピルになっており、女性の自然なホルモンバランスに近づけています。成分が3段階に変化することで、此のことが可能になっており、子宮内膜を安定させるメリットもあります。但し、服用方法には一定の条件があり、毎日規則的に服用する必要があります。飲み間違いを防止するために、薬のシートには飲み始めの日から、毎日飲む順番が記された数字が記されています。服薬を始めて、体に異常がでた場合は、直ちに医師に相談する必要があります。
トリキュラーには、トリキュラー28とトリキュラー21の2種類があり、初心者の場合は前者がオススメになっています。休薬期間の飲み忘れのリスクを減らすもので、後者は錠剤の量を減らしたい人に向いていると言えます。トリキュラー28とトリキュラー21は、何れも28日間を1サイクルとしています。但し、最後の7日間(休薬期間)の飲み方が異なっており、それぞれを取り違えないように注意が必要です。トリキュラー21は、1シートに21錠入っており、21日間連続て服用します。そして、7日間の休薬期間を置いて、再び同じサイクルで服用するわけです。休薬期間に消退月経(見かけの月経)がやってくるので、それが薬が効いている成功の証拠となります。トリキュラー28には同じ成分の錠剤が21錠入っており、残りの7錠はプラセボ錠(偽薬)となっています。プラセボ錠には、避妊の成分は含まれておらず、単に飲み忘れを防ぐためのものになっています。

ページの先頭へ戻る