トリキュラーはピル界の王様

ピルを飲むことによって避妊を行ったり、生理痛などの生理に伴うトラブルを改善したりするというのはよく行われることになりました。
その際に用いられるピルとして王様とも言えるのがトリキュラーです。
トリキュラーは低用量ピルとして知られる中でも世界全体でのシェアの大きさが特筆すべきものであり、低用量ピルと言われて真っ先に想像するという人も少なくありません。
そのシェアの高さはいくつかの要因が重なることによって生まれてきていますが、根底にあるのは効果の高さです。
三相性ピルと呼ばれる低用量ピルであるトリキュラーは女性の本来のホルモンの分泌サイクルに合わせて飲むことによって効果を発揮するものであり、正しく使用することによって99.7%が避妊に成功するという臨床成績を持っています。
その高い信頼性があるからこそピルとして人気が高く、医師としても信頼して処方することができるという状況ができています。
そして、それによって多くの人が使用してきたという歴史が作り上げられ、ピル界の王様としての地位を獲得するに至っているのです。
また、ピルを飲むことによって頭痛や吐き気が起こりやすいということが知られていますが、トリキュラーはその副作用が出にくく、出てきたとしても改善しやすいということがよく知られています。
そのため、飲み続けていかなければ正しく効果が発揮されないピルを飲み続けやすいというメリットがあります。
そういった点も他のピルに比べて優れているのがトリキュラーです。
その他の副作用についての理解も多くの症例から理解が進んでおり、それによって安全に使用していくための知見が十分に蓄積してきているのも良い点とされています。

トリキュラーが選ばれる理由

トリキュラーは、毎日飲み続けることによって避妊効果を発揮してくれる低用量ピルです。
卵胞ホルモンと黄体ホルモンの働きによって、排卵を起こりにくくしたり、受精卵を着床しにくくしたり、精子が子宮の中に入りにくくするなど、様々な効果が得られます。
また、計画を立てて子どもを作るにも、トリキュラーは活用できます。
望まれない妊娠を避けるためにも、確実な避妊をすることは大切です。
近年では、若い女性の間でもコンドームだけでは確実に避妊できないと認識して、自分で自分のからだを守るために低用量ピルを使用する方が増えています。
また、生理不順の場合にもトリキュラーを服用することで生理不順が解消されるなどの効果もあります。
そのため、避妊目的だけでなく体調を管理するためにも使用する女性がいます。
また、トリキュラーは他の低用量ピルと比べて、副作用が少ないことでも人気となっています。
確実に避妊できるまでホルモンの量を下げるために副作用は少なく、毎月の生理通に悩まされていた方も生理通が軽くなり、苦痛がなくなるなどの効果があります。
その他にも、生理の出血量が減る、ホルモンのバランスが整うことで体調が良くなったり、子宮内膜症の悪化を防ぐ、骨粗しょう症を予防する、関節リウマチの予防など、様々なメリットがあることもトリキュラーが選ばれる理由になっています。
特に生理通が酷くて生活に支障をきたしていた女性にとっては、生活レベルが改善されるため大きなメリットになります。
女性ホルモンを人工的に取り入れるため効果もありますが、食欲を増進させる、乳房の張りや胃腸障害などの可能性があるため、からだが慣れて症状が改善させるまでしばらくの期間が必要です。
確実に効果を得るためには、使用方法を正しく守って服用することが大切です。

トリキュラーを処方する病院が多いのはなぜ

低用量ピルとして知られるトリキュラーは病院で避妊を行うということになるとまず選ばれるものとなっています。
低用量ピルにも他の種類のものがありますが、トリキュラーが病院で好まれるのは有効性と安全性についてしっかりとしたデータが揃っているからです。
日本で使用される以前から世界中で利用されていているのがトリキュラーであり、それによって避妊効果を得られたという症例数も多く、副作用報告についても充実しています。
臨床試験における成績もしっかりとしたものがあることから、信頼性を持って患者に処方することができるのがトリキュラーなのです。
そういった長い歴史の影響を受けて処方を繰り返すことにより、病院としても使用経験が豊富になっていきます。
医師にとって使用経験が多い薬というのは使いやすいものであり、生じうる問題や相談などについての対応方法が経験的にわかるということに加えて、機械的に処方すれば良いという簡単さが生じるのです。
このような影響があって使用頻度が高くなっているのがトリキュラーであり、病院に行くと処方されやすい理由となっています。
これに加えて大きい要素となっているのが情報の流通量の多さです。
インターネット上にも実際に低用量ピルとしてトリキュラーを使用した報告が多数見つかるようになり、飲み方の注意点や副作用として懸念すべきことなどの情報が簡単に手に入るようになりました。
インターネットから情報を得て避妊をしていくという人が多くなってきていることから、人気の高さや使用量の多さから情報量が多いトリキュラーを処方することによって、正しく使用してもらえる可能性が高いと病院側も判断しやすい状況ができているのです。

ページの先頭へ戻る